思考停止への過程


何度もブログで書いていますが、僕は1番危惧すべきものとして『思考停止』を挙げています。

その瞬間・・・考えることを辞めた瞬間に、世界は止まります。

今自分が社会のどの部分で何をしているのか・・・。

そのようなマクロの視点、俯瞰する能力は常に意識しなければならないと僕は思うのです。

思考停止社会って言葉も何度か耳にしたことあると思いますが、僕も、今現在、思考停止に陥っている人は少なくはないと思います。


そこまでの過程=社会人になってから思考停止するまでの過程には、2種類あると思います。


①もともと教養がなく、考えるってクセがなかった人
これは多数ではないでしょうか。
他人の意見に耳を貸さない中年オヤジや、夫が汗水垂らして働いてる中ママさん会を開いている専業主婦とか、
酒タバコギャンブルに金をつぎ込み、貯金もほとんど無いいわゆる社会の底辺層とか・・・


②忙しくて自分の業務以外に脳を働かせる余裕のない人
学歴的にもエリートとかはこっちの方が多いでしょうね。毎日仕事で午前様。


上記思考停止しちゃった人は、社会の諸問題に対し解決できる能力は高くありません。
マスコミの変な報道も鵜呑みにしちゃいます。
真実・事実を見つけようとするスキルがないのです。

(※上から目線風に僕は語っていますが、そうならないように必死に努力なうということをご理解くださいw)

言いたいことは、社会の仕組みとして、思考停止が蔓延している中で必死に思考継続しようとしている人は報われないってことです・・・。



脳はサボリ癖があるもんです。
楽したいと思ってます。
何も考えない、それが1番楽です。

ただ、その時間ぼーっとしてる時間は何も生み出しません。

僕個人としても、日々脳を鍛えることで、思考を継続することで努力してるつもりです。


何に対する努力か・・・?

いつか「思考停止社会」と言われる現状を打破できるような解決策を提案します。
この問題を解決するための努力です。
自分のために・・・頑張ってる人のために・・・日本のために。
スポンサーサイト

お久しぶりです

お久しぶりです。
約2か月ぶり・・・。

年度末も乗り越えて、やっと落ち着いたところです。

仕事が忙しいとプライベートの時間をうまく過ごせませんね><
読書は継続出来ているので、これからも1日1冊」は読んでいきたいです。


最近考えてる言葉で、「長期最適・全体最適」って言葉があります。

例えば今自分が抱えている問題に対して解決策を考えている。

そして自分なりにその解を導いたとします。

そこでもう1度考えるワケです。

それは長期的かつ全体的にも根本的に問題を解決できるものか?って。



重要な視点だと思います。


解決策を導く上で短期的に考えるべきものもあるでしょう。

ただ、自分の生活習慣の改善などといった問題を考える上では、やっぱり「全体最適・長期最適」って視点が重要です。

実際に自分で色々と生活習慣について考えました・・・。


ってか、やっぱり問題解決スキルってめちゃくちゃ重要ですね。
今回の「全体最適・長期最適」って概念もそうですが、身の回りに存在する問題を取り上げて
解決していくっていう過程の大切さをっしみじみと最近感じてます。


そして、僕が思う今の1番の自分の問題点は、ある一定の生活リズムが確保されていないと思考を継続することが出来ないってことです。
今回年度末等を乗り越えて、振り返ると、プライベートで考えるっていう行動が出来ていませんでした。
ブログの更新も滞ってしまいました・・・。

仕事が忙しいからって私生活では寝るばっか・・・。

こんな生活をしているとダメな大人になっちゃうんだなーってマジで思いましたw



大いに反省する点です。


とりあえず定期的にブログは書いていかなければならないと思いました。


がんばろーーーーーーーーーーーーーーっと!
プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR