FC2ブログ

日程公表

令和2年度 司法試験予備試験 実施日程が公表されました。
短答は8月16日(お盆!)。
まずは司法試験関係者の方のお盆がなくなってしまったことを残念に思います。
問題配布してくれる監督員も、実家でのくつろぎを犠牲にして出勤してくれています。
受けることができるのも当たり前じゃない、そう思いたいです。

で、日程出たので後はスケジュールを練り直していく必要があります。
8月16日まであと3か月。
論文は、現段階として10月頃。
口述は、来年1,2月。

スケジュールを考える判断材料はこんな感じです。
①現段階で口述対策を考える必要は無し
論文の採点には非常に時間がかかることが予想されるため、論文の実施時期が早まるとしても、論文―口述の期間は3,4か月は必要でしょう。実施時期が変更されるにしても、論文直後に口述は考えにくい。
論文終了後からでも間に合うはず。なので口述は、今のところ考えません。

②短答の合格ラインが高くなる
司法試験委員会の公表した日程によると、通常の実施時期が丸まる後ろにズレたものです。
つまり、受験の時期まで時間がある分、相対的に得点数は高くなるはずです。

過去のデータから、必要得点割合は60%とされてきたところでした。
今年については、試験問題の難易度が変わらずという前提なら、まず間違いなくこの必要得点割合は、上昇します。
そしてこの延期という事情により試験問題を変更しにいくということは考えにくい、そう考えれば、前提はこのままであるように思います。

結局、毎年と同じように得点割合60%、得点にして162点を目標にすれば、不合格になります。
一般教養対策までするべきではないか、一瞬考えましたが、それはやめました。
法律科目で全科目8割目指せばいいだけだ。
論文・司法試験との相乗効果を考えて、法律科目のみで短答合格します。

そして勉強時間が確保されることにより、論文の合格ラインも高くなることは予想されます。
直接の影響を受けるのは、短答でしょうが。

③ロー生は、ヤバい。
今から3か月、時間がたっぷりあるロー生が鬼のような追い込みをしてきます。
はっきり言って、今年の事情で言えば、ロー生の合格率が跳ね上がることは間違いないでしょう。

なぜなら、可処分時間が違いすぎる。
これはどうにでも出来ませんが、伸びた分、みんな等しく時間が与えられることにはなりません。

1日延期すれば、ロー生なら丸一日分、社会人なら勤務時間を除いた(多くて)2,3時間分が付与されることになります。
これは、まずいですね。


短答・論文同時開催により、爆発力が放散されて中途半端な状態で試験に挑むロー生なら、戦えるかもと、正直に思っていました。勝てるつもりでした。

ただ、丸まる後ろにずれただけでは、かないません。
与えられた環境で、やるだけです。


④今の自分の状態から逆算
短答対策は、商法除いてとリあえず終わりました。
商法はやるのが嫌で嫌で、結局まだやっていませんw

論文対策としては、コンプリート論文を視聴、直前答練・全国公開模試が残っています。
そのあとは、ひたすら繰り返すのみでしょう。

IMG_7364.jpg

伊藤塾 短答模試の結果とにらみ合いをしました。
生まれて初めてといっていいほど、模試の平均点を自分の得点が超えていたので少し混乱しましたが、短答合格者の平均には、だいぶ届かずです。
(自分も短答合格者ではありますが、、、)



う~ん。。。。
迷いに迷って、重要戦略なので思考過程は省きますが、7月1日から原則短答対策、それまで論文。
このシナリオです。

決めました。
基本的に試験1か月前(7月16日あたり)から短答対策って人がほとんどだと思いますが、前倒ししました。

原則ってのも、程よい例外を見極めつつ、これでいきたいと思います。

試験がいつどこであろうと、やるべきことをやるだけです。


スポンサーサイト



勉強方法を考える

司法試験予備試験、いつになるのでしょうか・・・。
本当ならば、今週末は短答試験でした。
往復の交通手段、ホテルもすべて予約完了していましたが、全部キャンセル。
コロナも多少おさまってきたように思いますが、ほぼ完全に鎮静化してからじゃないと試験も実施できないように思います。

直観の予測。
8、9月。

それも多分、短答直後に論文。場合によっては同日。そんなスケジュールではないでしょうか。
ほぼ確実なのは、短答―論文間の間隔は例年に比べ短い。
つまり、論文対策が中途半端なままに本番を迎えやすい。
その可能性はあります。

こんなこと考る時間があれば勉強しなさい。
そんな意見もあるかもしれませんが、それは間違いでしょう。

僕は気付きました。
試験合格は、テクニックです。

学力の差、じゃないんです。
だから必死に過去問解くんです。

重要論証記憶し理解するんです。

もう一度、テクニックで勝負が分かれる。
それが試験の本質でしょう。


もちろん僕の中でも短答対策としてはテクニックとして確立されている部分はあります。
さすがに4回目なので・・・w


ホテルに持って行くもの、どういう過ごし方か、当日の受験会場の特徴、何時に教室入れるか、何を勉強できるか、何を直前にみるか、、、など。
確立されているので、さすがに短答は受かるであろう。
一般教養にかかっていると言ってもいいと思います。


ただ、論文はそれが確立されていません。
もちろん直前で一番重要なのは論証の復習や基礎知識の整理などでしょう。
それが1か月前に何するか、1週間前に何するか、当日は何するか。
そんな戦略はまだ確立できていません。



試験のシステムは、同一年度に短答、論文、口頭試験を合格しないといけない・・・。
それなら、最難関といえる論文に力を入れるべきでしょう。

一番ダメな失敗は、直前の短答対策に力入れすぎて、論文がさっぱりで不合格のパターン。

最善の戦略は、短答―論文の期間が短い以上、できるだけ論文に時間をかける。
短答対策で過去問1周する余裕はない。
まとめノート(自分で㊙ノートと呼んでいます)及び判例六法をサラッと一読。
それで試験に臨めるようにする。

つまりは短答対策期間は2,3日とする。
そんな感じではないでしょうか。

予備試験日程延期。
予期していなかったこのハプニング。
これを上手に乗り越えていくには、確かな戦略が必要であるように思います。


ライバル、ロー生は直前で爆発する力があります。
ただ、例えば短答―論文同時開催だと、その爆発力も矛先が短答のみに向かい、勝機はあるのじゃないか。
こっそりそう考えています。

2,3日で一気に復習できる短答対策の確立、したたかに論文対策をできるだけ進めていく。

それが今の自分のできることです。



この戦略が失敗して、短答で不合格だった・・・。
確かにその可能性もありますが、合格するためには、多少のリスクは覚悟しないといけない、そう思います。

淡々と、したたかに。

司法試験 予備試験 延期

司法試験予備試験の実施時期の延期が決定されました

決まったことなので、いくら不満を言っても変わりません。
予約していたホテル、飛行機を全てキャンセルしました。

やらなければならないことは、勉強計画の見直しです。
5月の本試験から逆算して短答用勉強モードになっていました。

いつまで延期されるか不明ですが、このままずっと短答用の勉強をするのは、適切ではないと思います。
短答後、論文までの時期はどれくらいなのか。
採点作業がある以上、ある程度期間が必要です。
では、合格発表まで後ろにずれるのか。

その場合、予備試験合格後、司法試験本番まで、場合によっては2,3か月の期間しかない可能性も、あるわけです。

ただそこまで見据えるのは、少し気が早いと思います。
間違いなく、今年、予備試験に受かる。
そのために、最善のスケジュール管理を行い、ベストな状況で試験に臨む。
それだけです。

中期計画がたてにくいですが、とりあえず4月中に、短答(過去問)一周を目標としています。
今憲法終わって行政法も、もうすぐ終わりです。


それが終わったら、5月からコンプリート論文の講義を見ます。
つまり、論文対策を始めます。
合計50時間ほど必要なはずです。

短答一周して論文に使える知識もあるはずだし、論文過去問をそれから解いていきます。

そして、短答試験の日程が発表された後、短答本試験の2週間前から再度短答対策を行います。


ざっくり、こんな感じですかね。。

自分で言うのもなんですが、短答過去問は、もはや7周目で、相当やってる自負があります。
論文に入る前に、少し回しすぎたと後悔しています。

短答用に直前まとめノートも作っているので、それを見ればある程度、点もとれるはずだと思っています。
だからこそ、論文にしっかり時間を使いたいと思っています。


こんなことを言って短答で落ちれば、笑われるくらいですが、そうならないように、コツコツ勉強していきたいと思います。
誰しもが不安。

モチベーションの維持も難しいけど、精神面では相当社会人として鍛えられた自覚もあるので、しっかりやるべきタスクを、一日一日こなしていきたいです。

頑張ります。
頑張りましょう。


次に見る 同じ景色

3月31日。
今年度・令和元年度の仕事が今日で終了です。
と同時に、今の官署での業務が、終わりました。
4月1日から、転勤先の官署での業務が待っています。

今年度は自分にとって非常に大きな一年でした。
司法試験予備試験の短答に受かって、本気で論文試験を受験しました。
育児もありパパの大変さを知りました。
仕事は・・・ボチボチですw

去年書いた記事
年度末ということで 「飛躍」。
こんなタイトルでしたが、大きく飛躍することができましたように思います。

試験との関係でも、問題見て「意味不明」「論点が思い浮かばない」ことはほぼなくなりました。
書き方を覚え、問題提起の仕方を知り、たくさん論証を覚えて、自分でも勝負できるようになってきたと自覚しています。

今年度はこんな感じで、良い終わり方をしたいように思っています。


今日は最終日ということで、帰りにいつもの(?)銭湯によってから帰ってきました。

本当に、銭湯っていいですよね。
特にサウナと、水風呂。
自分の自律神経が整えられていくのを、感じます。
適度に心臓の鼓動が聞こえてくる。
身体的にも精神的にもリフレッシュできました。

露天風呂もあるんです。
ボーっと空を見ました。

同じ、空を見てるなぁなんて思いました。
そう、7年前も、同じ露天風呂で、同じ空を見ていました。

7年前も今と同じ職場で仕事してて、帰りによく同じ銭湯によってました。
露天風呂でボーっと空を見ながら、5年後、10年後の自分は何をしてるのかな、なんて考えていたことを覚えています。

そのとき何を考えていたかも、振り返ってみました。

転勤直前の記事。


昔も今と同じで、サウナの中でたくさんアイデアが思いついたように思います。
必死に考えて、よくこのブログを続けれているように思います。



昔の僕の問いに対して、こう答えたいと思います。
「7年後、同じようにその場所で同じ露天風呂に入ってて、同じようにボーっとしてる。
実はもう結婚して、2児のパパになってる。
今抱えているモヤモヤははっきりと形になって、明確な目標に向けて毎日努力している。
そのまま、頑張れ!
ただ、良いことばかりではない。
多分、適性から言うと、今の仕事には向いてないw
色んなところで不満を抱えて、ときにイライラしたり、呆れたりする。
大変な時期もあるけど、悪くはないよ」と。



そして、今の僕の「5年後は何してるのかなぁ」
という問いに対して、機会あれば同じ場所で、同じ露天風呂で、同じくボーっとしながら5年後、
「司法試験に受かって、弁護士になれてる。毎日が楽しくて、やりがいがある仕事ばかり。
ただ、資本主義は、やっぱり少し厳しいよw」
なんて冗談言えるようになっていたいです。


「次に見る 同じ景色」
どんなことを考えながら、この景色が見えるのか。
それが、楽しみです。

勉強する環境

勉強する環境は重要です。

いつ、どこで、どうやって勉強するか。
同じ1時間でも、質が異なります。

僕自身も、色んな環境で色々な時間に勉強をしてきました。
結果、間違いなく一番質が良いのは、「朝」です。

まぁこれは誰しもが言っていることです。
朝起きたすっきりした脳での勉強。

なんか、僕の体験なんですけど、やっぱり思考ってのは凄い脳に負担がかかって、だんだんと無意識にも疲れてくるんです。
だからこそ夜遅くの残業は、非効率です。
脳が重くて動かない。
ミスも増える。
蓄積された脳への負担は、睡眠でリセットしないと、軽減しません。


朝、何に脳を使うか。
一番負担のかかってない状態で、最良のパフォーマンスができる状態で何をするか。


脳の機能から、やっぱりこれは意識しないといけないと思います。

僕もしちゃうけど、一番しちゃいけないのは、夜、酒飲みながら勉強することだと思います。


まぁなぜ今日になってこんなことを言うのかというと、僕の環境が4月以降変わるからです。

平日は、一人の環境になる。
自習室を、借りることにしました。
24時間、使えます。
自習室を利用するとして、いつ、どんな時間配分で利用するか。
それを今考えています。

今のところの目標としては、
9時半~10時就寝
5時頃起床、すぐさま自習室へ
5時半~8時 勉強
出勤

の計画です。
朝の2~3時間、
これをフルに利用して、良いパフォーマンスができればと、考えています。


平日の生活で一番やっちゃいけないのは、仕事も早めに終わって早めに家帰って早めに飲み始めることw
これも頭ではわかっていますが、育児しながらではどうしてもキツイところがありました。




そしてもうひとつ、大事にしたいのは寝る前のゴールデンタイム。
論証一つでいい。
確実に一つでも唱える。

覚えれていないことを自覚する。
覚えたところを再度思い出す。

地道な一つ一つの繰り返しを丁寧にこなしていこうと思います。

短答試験まであと2か月。
論文まで4か月切りました。
イやな時期ですw


でも結局相対評価。
皆イヤなんだ。
皆しんどいんだ。

そう言い聞かせて、自分にできることをしていきます。




目標が、その日その日を支配する

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験予備試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR