新たな決意

今年になり早くも1カ月がたちました。
早すぎですね・・・。

新天地に移動してきて、ようやく生活にも慣れつつあって、
分かったことは、このままじゃダメだなってことで、
ちょっとぬるま湯に浸かりすぎたかなってことです。

自分のためにも家族のためにも、
今僕が一番しないといけないのは司法試験に合格するための勉強であり、
それは仕事や家族サービスより優先されます。

なんていうんですかね、
100%の父親になるためには、負債感抱えてちゃなれないんですよね、、

「早く転職したい」って思ってて勉強しなきゃって焦ってて
その気持ちで行う家族サービスって、限界があるんですよね。

自分にとってのベストな選択は、身近な周りの人たちにも必ずいい影響を与えることができる。
そう、僕は信じています。

って書いてきたとおり、なんとしてもすぐにとりあえず予備試験受かりたい気持ちは募る一方ですが、
やっぱり時間の確保は意識しないといけないですね。

今見たいに子供いる中で勉強って、限界があります。

必要なんですね、孤立することが。

独りの時間を確保するのが、合格への道のりです。

泣く泣くですが、家族の時間を割いてまで、勉強カフェタイムを強制的に作ることにしました。

朝7時から8時までの1時間。
平日、これは習慣にすることにしました。

受かるためにはこれ位して当たり前だし、まだこれでも足りていないような。



これからまた本気出します。
って決意でしたw

スポンサーサイト

新年の決意

大変遅くなりましたが、今年初めての更新。

まずは、昨年を振り返って。
昨年は忙しい部署に異動して、でもなんだかんだ一年勉強して。
でもやっぱり大変で、予備試験も短答で不合格で。

あえていうなら「継続」。

ガムシャラにだけど着実に、少しかもしれないけど間違いなく勉強をできた。
ゴールに近づけた1年間。
って振り返れると思います。


ただ、やっぱりずっと勉強し続けるのはすごくつらいです。。。
自分のためにも、
今年の目標「結果を出す。


必ず短答は合格する。
その上で論文も合格を目指す。
出来れば合格。

はっきり言って、この1年をしっかり頑張れるか。
結果を残せるか。

それで、僕の将来も決まる気はします。

諦めたら終わり。
諦めなければいつか受かる。

その世界で、自分との戦い。
子供も少しづつ大きくなって、
時間も取りにくい中で、どこまで一人の時間を作れるか。


限られた時間の中で集中して勉強できるか。

とりあえずのスケジュールは、
論文講義受講を3月いっぱいで完了。

短答の総復習を5月まで行い、
それから論文勉強スタート。


やります。
勉強します。
必ず受かります。

民法 論文終了

民法 論文マスターを見終わりました。
それだけ、ですが、
これで憲法、民法の論文は一応終了です。

はっきり言って全然書けるレベルではありませんが、しっかり復習して、
またあとの教科もコツコツすすめていきたいです。

2月いっぱいで論文マスターは視聴終了。
3月から総復習です。

出来ることをコツコツと。
常に頭を使う。

仕事の隙間時間、
通勤時間など、時間を効率的に使っていきます。

最近気づいたんですが、何も言い訳せずに、何も考えずに、ただ機械的に、
「今自分がすべきことは勉強だ。何も考えずにただ勉強をすればいい」って考え、
すごく楽になるんですよね。

生きてくうえで”責務感”ってないですか?
感じること、ありますよね。
何もしてない自分に対する責務感。。。

それからは少なくとも解放されているので、
逆にもちろん勉強はしないといけないですが、
ただ勉強をすればいい。
案外、それって楽かもしれません。


こんな感覚って、皆さんありますよね・・・?

論文について(憲法終了)

とりあえず先ほど伊藤塾の論文マスター、憲法が終わりました。
一旦、これで論文の書き方を習ったことになります。


最初ははっきり言って何書いていいか全くわからないレベルでした・・・。本当に。2行で終わる。
僕みたいな他学部卒で法律について学んだこともないましてや書いたこともない初心者が書けるわけありません。

ただ一周目が終わって漠然とした”解き方”はわかりました。

問題となっているのはそもそも保障された人権か→何条で?→確かに保障されてるけど制約されちゃってる
→違憲か合憲か審査基準は→当てはめ→結論

基本的には人権はこの流れで細かい論証パターンは暗記しつつ、
統治は別の考え方で原則と例外からアプローチする。



・・・とまぁ細かいこと書いても進みませんw
とりあえずこの”漠然と”わかった感じを大切にしながら、とりあえず分かった感じでたくさん解いてみる。
挫折→検証→次にレベルへ
っていうステップをきちんと踏みながら、着実に前へ進めていきます。


中期目標は、「年内に論文しあげる!」なんて前言っちゃったけど仕事の様子みても講義数をザっと見て計算しても
とてもじゃないけど無理なので、今のうちから確実に到達できる目標に再設定します。



11月中に民法
12月中に刑法
1,2月で他の科目
→2月いっぱいで論文終了

平行してテキストの総復習も終了、判例読み込みも著名なものは頭にいれる。

って感じにします。

今からぶっちゃけ仕事忙しくなってきてダラダラやっちゃうより、無理なものは諦めて現実的なものにしました。

そして3,4カ月で論文復習。
5月頭から短答再度総復習で頭に入れて、5月20日の予備試験へ。


このスケジュールで行きます。



最後に・・・
勉強を開始して1年半がたちました。

長い年月たってるけど、まだ頑張れてる。
その時分をほめながら、「諦めなければ必ず受かる」
再度それを信じて頑張ります。



今から半年を勝負にします。

予備試験合格へ向けて

甘い気持ちを捨てました。
来年短答合格、再来年論文合格、予備試験合格という甘いスケジュールは見直しました。

来年論文まで合格し、予備試験合格します。
短答はアベレージで8割。
論文は底上げして今から9カ月で合格ラインまでもっていきます。

現状として、
短答は過去問2週目が終わって3週目へ突入するところ。
ここで1回テキストを整理する必要があることに気が付きました。

少し過去問を解くのを中断して、よく出てくる論点や体系化して頭に入れるため、
テキストを改めて丁寧に読み直します。

7科目すべて、年内にテキストを丁寧に読み直します。
年明けからもう一度1週して、得点力の確実さを高めます。


論文については、憲法の講義がもうすぐ終わるので、
「とりあえず解く(=書く)」を意識して、
型を覚えながら書き方を学びます。

必要な論証パターンは積極的に覚えていきます。
これを年内に同じく全教科終了させます。

年明けから「考えて自分の力で書ける」ようにします。

優良答案を参照しながら構成を意識して、重要な論点を理解しながら、
そして1番重要だと思うのは『科目ごとの解き方』の違いを把握します。


いわゆるコツ、みたいなやつ。

論文はまず書くこと。
書いて書いて手で覚えて頭で理解し、今まで練習したことのないスキルなので
「解く=書く」を継続していこうと思います。



以上、中期目標でした。
寒くなってくると、毎年なぜか頑張らなきゃって気持ちになります。

毎日少しづつでもゴールへ近いづいていく。
丁寧に着実と、頑張りたいと思います。



なんか、後戻りできないし、今更ですが本気度がだいぶ高まりました。

”目標がその日その日を支配する”
プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR