来年の予備試験に向けて

今年度の予備試験も終わってから1か月たったということもあり(早っ!)、
年間スケジュールをたててみようと思います。

目標は来年の予備試験合格。

そのためには短答の足りなかった点を取りにいくのと、論文用の勉強を一からしないといけません。

まず試験を受験して痛感したのは時間の足りなさ。
問題文を素早く正確に読み解く。
これはトレーニングしないと身に付きません。

普段から意識して、1問にかける時間も長くて3分程度、この設定をしていきます。
一番ダメなのが熟考して間違えること。

そもそも熟考するケースってのは問題文で出てくる単語の意味が
分からない時が多いようです。

つまりそもそも基礎知識が身についていない。
問題の背景にある、理解しておかなければならない基礎知識。

単語の意味を推測しながら解こうとするから時間がかかる。
読んだだけで意味を理解し問題の趣旨を把握する。

テキストを再度読み込み基礎を抑えます。
過去問の復習も踏まえて、
年内に短答7割
必ずとれるレベルまでもっていきます。

論文用の勉強では、まず書き方が全く分からないので、優良答案をベースに書き方を勉強していきます。
答案構成の作り方など記述の仕方を理解し、そして科目ごとにどう書いていくかその差を把握します。

書く練習をしながら、9月終わるまでに論文用口座全て受講します。



あとは、判例100選は最低限読まないといけないと思い、買いそろえました(今頃)。

こうしているうちに、なんだかんだあっという間にまた来年の5月になりそうですね。

今大事にしているキーワードは「小さな選択を大事にする」です。

スマホちょっとみようかな
まだ寝れるな
漫喫いきたいな
深夜にラーメン食いたいな←

みたいな小さな欲望は生活の中で何度も出てきて、そのたびに選択している自分がいます。

何の取柄もない自分が司法試験に合格するってのは「圧倒的な努力」が必要です。
ただ、ガムシャラにやればいいってもんではなく、結局はほんの小さなことの積み重ねになると思います。

人生は選択だ、
って言ってた予備校教師を思い出しました。


小さな選択を、大切にします。
スポンサーサイト

政治について考えてみる

都議選のポスターが張られ始めましたね。
このタイミングで今一度政治について考えてみようではありませんか。

っていっても、大胆に僕の政治思想を示すのではなく、そもそも政治とは!って堅苦しい意見を言うつもりはありません。

個人的に、日本社会が抱える政治に対する問題点とか提案を、少し考えましたので記します。


まず問題点①国民と政治の距離が遠すぎる

”政治”って単語を使うのをケースによっては変えませんか。
”政治”ってのは感覚的に国会議事堂を連想しスーツを着た政治家が言い争っている光景を目にすることが多いと思いますが、
そしてそれを純粋に政治って言葉が抱える一つのシーンだったとしても、広い意味で使われすぎだとおもいます。

ケースによってはこう言い換えましょう。
”市民社会”
そもそもの成り立ちってのは僕たちが政治家を選んでいるわけです。
昔から「なぜ若者は政治に参加しないのか」って言われてきましたが違和感ありました。

そんなもんよくわからんねん。何がどうなってるの。選挙行けばいいんかい。って。

こうやってトップダウンで押し付けるものではないんですよね、少なくとも政治は。

歴史が証明してきたように、市民自ら手に取って行動した結果が民主主義体制であり、ボトムアップに機能するべきもんなんです。

よって言葉の使い方を区別しましょう。
市民社会。政治。
国会議事堂で政治をしてくれるのは『僕らが』選んだ人たち。その意識の変化のために市民社会って言葉、そしてそのものについてもっと共有したいですね。
大事なのはこの『僕らが』って感覚。
前の選挙でもけっこう使われていたフレーズですよね。

ルールは守るだけじゃなく作っていくもの。
『僕たちで』作っていくもの。

個人的には、この感覚ってのはとても重要で、市民社会を考えていく上でも必要なものであるし
「僕は社会の構成員だ」って存在価値を肯定するものでもあるので、間違いなくこれからの社会変革を
考える上でも意識しなければならないものになると思います。


言葉を使い分けるような小手先テクニックだけで変わっていくとは思いませんが、目的は意識の変革です。
飲み会で「政治」について語るのはタブーとされていますが「市民社会」について語るのは素晴らしいですね。
使い分けるだけでも全然違うように思えます。

提案①言葉の使い分け、意識の変革


問題点②働きすぎな会社員

いきなりなんだ?って思うかもしれませんが、
そもそも政治を行っていくには政策が必要で、有権者は色んな立候補者の政策を比べながら、日本にとってあるいは自分にとって
都合のいい政策をしようとしている立候補者を選んでいくんですよね、選挙って。

その政策の判断基準はやっぱり自分が考える社会の問題点だとか、たぶん根本的な価値観により左右されるわけだと思います。

でも今は、社会に対する不満って、生活と密接に絡んでくる景気の良し悪しだとか、「経済」ってカテゴリーだけで判断されてないですか?日本の政治。

多分考える時間がないからだと思います。
日本のサラリーマン。


通勤時間はずっとスマホみてる。唯一の休憩時間みたいなもんですね。本当にお疲れさんです。

少しスマホをしまって窓から景色眺めるだけでも、このボーっとする時間ってのは物凄く貴重だと僕は思います。

でもこれには心のゆとりも必要だしそのために睡眠時間も確保すべきです。

仕事終わってカフェでゆっくりするのもいいし、バー通うのもいいし、図書館いって勉強したりするものいいし。
生活の時間軸をほんの少しゆっくりにして、会社への拘束時間を少なくする。

そもそも、自分のアタマで考える時間ってのが少ない。

構造上の問題があると思います。

会社社会も終焉へ向かっています。会社へ尽くすだけじゃなく、自分の時間を作りましょうと。

以上が僕の意見。よって今叫ばれている「ワークライフバランス」運動も大賛成です。
こうやってブログ書くのももちろんそれなりの時間が必要だし、
そもそも記した内容を自分のアタマで考えている時間ってのは仕事している以外の時間です。

提案②会社への拘束時間を減らして自分のアタマで考える時間を確保する

何ができるか

学生が終わると、一般的にみんな社会人になります。
社会人というのは、今まで教育を受けてきた結果として「生産者」の立場にたつこと。
そういう言い方ができると思います。

そして、生産者として働いていくうえで、「何ができるのか」っていう視点が重要になってきます。

3つの視点。
「組織(会社)の中で何ができるか」
「組織(会社)は社会に対し何ができるか」
「個人として社会に対し何ができるか」
似たような考え方ですが、
特に3つ目は深く考えると全然違います。

属する組織(会社)を経由せずに、
直接社会に対して何ができるかを考えるものです。

一番わかりやすいのはボランティアとかですかね。
無償での労力の提供。
自分の時間の贈与。

自分が社会に対して役立っていると実感できる瞬間だと思います。



それに対し1つ目ははっきり言うと「井の中の蛙」的な視点です。
もちろん会社の中で自分の地位を高めるために、出世するために
仕事するってのは大事なことだと思います。

ただ、はっきり僕が否定したのは終身雇用・年功序列なんて仕組みは
これからどんどん柔軟に運用されるようになってくから。
簡単にいうとなくなっちゃうってことです。
いろんな企業を見てるとよくわかりますよね。

国際的に競争しようとすると、必然と雇用ってのも流動的になっていくものだと僕は思います。
最終的に力のある企業には、価値を高めない人材はいません。

ってこういうことを今日言おうとしているのではなく、
言いたかったのは

いつかは
”会社”の働き方も変わってくるので、
「組織(会社)の中で何ができるか」
って視点よりも常に
「組織(会社)は社会に対し何ができるか」
ってのは意識して
結局それってのは
「個人として社会に対し何ができるか」
を意識することに他ならない。




ってこんな事を書きながら
思いついたんですが、以前こんな記事を書きました

個人の責任感、主体性について。
今でも、これから
社会を支えていくのはこの2つになると思っています。


思いついたことってのは、
「そもそも社会を変えられる」ってことに気付いていない人が多いじゃないか?ってことです。



いや、無理なことは誰もしようとしません。
よってそんなこと考えやしません。

社会って僕たちでよくするんですか?
誰かがしてくれるんですか?

今まで変えてきた人って、”個人”ですよね。
つまり誰でも変えれる、よくすることができるんです。




最後に・・・
ここまで語ってきた文脈で理解できると思いますが
僕がメディアとかがたまにする嫌いな質問(インタビュー)があります。
【あなたはこの先社会がよくなると思いますか?】

なんだその他人事w
って思いません?


もがきながらあがきながら
みんな生きてる。
必死なだけにたまに誰かを傷つける。
それを許せるくらいに肩の力を抜いて。
お互いを認め合うことができる。

それは皆で作っていくことです。
僕もそれができると信じています。

仕事の種類

人にはパロメーターがあると思います。

いきなりですが、このブログのカテゴリ「思考」が途切れた時は僕のピンチですw
説明は省略しますが、調子いいときはちゃんと自分の頭で考えた結果「思考」分野にエントリーされます。

って
いきなり何かと思いますが、今回の記事は自分の頭で考え抜いたコト。
そう言えるからあたまからこんな文脈で切り出しちゃったわけです。







まず結論からいうと、
人の”働き方”には2種類あります。

それは一つの「完璧」を時間かけて完成する人と、
70%の出来のものをそれより早く出してくる人、です。



僕も国会公務員でかれこれ5年弱働きながら
そして民間企業の方たちともそれなりに知り合いながら
そしてそれなりの本を読んでの感想ですが、




人間には
一つの「完璧」を時間かけて完成させる人と、
70%の出来のものをそれより早く完成させる人の二種類がいる。


そして、いわゆる”マーケット向き”の人は後者でいわば「とりあえず出す人」であり、
”公務員向き”の人は前者でいわば「間違いないものを完璧にして出す人」に該当します。




ここまでいうのも、どうしても”確実に””正確に”仕事をするのなんて無理じゃないか、っていう仮説を考えることがありました。
そして、思考回路をたどって考えてみた結果、
色んなまわりの人を見てみても上記2種類の人間いかいないことに気付きました。


ここで言えるのは
『評価対象の評価方法』つまりはYES or NOが明確に決まっているときは、
正解を出したうえでのアンサーでいい。
しかし市場競争のように何が答えか出したみなきゃわからないときは

『とりあえず出してみる』
そのスタンスが優れている。




そして何よりも大事なのは、
【終局的には評価するのは”市場そのもの”であり経営陣でもなく利害関係者”でもなく
そして”自分”でもない】
ってことに気付いて

そしてそれが
「仕事の種類」に対する考え方だということを
理解・把握することだと思います。







何が大切なのかよくわからないこの時代。
自分の”信念””考え方”ってのはずっと
大切にしなければなりません。


司法試験予備試験 1年目を振り返って

自己採点しました。
結果は、合格基準点に到達していませんでした。

感想としては「やはりこんなもんか」「もっと取れてもよかったんじゃない」的な気持ちが自分の中でいろいろ湧いてきて
自分でも錯綜していますw

言い訳などするつもりはありませんが、
自分をほめたいのはずっと勉強できてきたこと。
霞が関の激務部署にいながら、勉強を継続できた。毎日コツコツと継続することができた。

本当に繁忙期は、電車の通勤時間内しか勉強できない期間も長い間ありました。
ただ、これ以上はないという忙しい部署で1年間のイメージをつかむことが出来て、
こうやれば点数とれる感触ってのはつかめたので、大きな材料です。


振り返って決めたことは3点。
①朝の1時間
②通勤の15分×2
③寝る前or入浴中の30分

この3つの空き時間をフル活用することです。
特に一日試験を受けて必要だと思ったスキルは「読解力」です。
確実で正確な「文章の読み方」。

問題の趣旨、論点、事案の特性。
それらをすべて速やかに正確に把握しなければならない。
その作業の連続です。

それはどうしても「そういう鍛え方」「脳の使い方」を訓練しておかないと、対応できない。
それに気づきました。
特に午後の刑事系は、少しバテを感じました。訓練していなから、脳の限界です。

集中力の瞬発性、持続性を高めるには訓練が必要です。

ゆえに空き時間をフルに使って、朝イチで文字を読み考え問題を解く。
通勤時間(電車での乗車時間)は15分と多くないので最大限生かす。
昼休みはゆっくり判例を熟読する。

隙間時間で、脳をいかに使わせるか、その仕組み作り。

これが今回の試験を終えての課題です。

人間、やっぱり楽しようとするんですよね。
何も考えないのが一番楽で、仕事終わりはボーっとソシャゲしてる人多いですよね。
僕もそんな傾向はありましたw

よって、その生活環境を変えます。


合格体験記にも書いてましたが、大事なのは空き時間の利用で、具体的には
「理解すること」と「それを整理すること」だと思います。

朝イチの勉強で「理解して」、それを忘れないうちに寝る前に「整理する」≒体系的な把握。




来年こそは必ず受かります。
明日から2年生がスタートです。

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR